こんにちは、学びプラネットです

学びプラネットには,タブレットを紙と鉛筆の代わりにして学ぶ子どもたちを応援する「学びプランナー」と「オンラインチューター」がいます


タブレットは読み書きに困難のある子どもたち(ディスレクシアなど)の強い味方!タブレットの使い方を学ぶことは,「学び方を学ぶ」ことです。

読むのが苦手

文字が読めなくてもタブレットがあれば
・音声読み上げで読み上げて,耳で聞いて理解できる
・難しい漢字は文字認識(OCR)をしたり,手書き入力をして読み方や意味が調べられる
・背景の色やフォントを変えて読みやすくできる

書くのが苦手

書くのが遅い・正確に書けない,そんなときは,
・キーボードで入力すれば漢字変換ができる
・タブレットに向かってしゃべれば音声を文字に変換できる
→必要な情報をメモしたり,自分の考えを文章で表して伝えることができる

タブレットPCを紙と鉛筆にして学ぶってどうやるの?

プリントがiPadでできる

子どもの学ぶ権利を守るために大人が知っておくべきこと


代表ブログ

平林ルミのテクノロジーノートALT


イベント

月に1回セミナーを行っています。

詳しく見る

オンラインチュータリング

オンラインチュータリングのページは準備中です。お問い合わせから個別にお問合せください。

お問合せ

学びのリソースルーム

学びプラネットがこれまでに開催してきたイベントのアーカイブ動画をレンタル配信しています

詳しく見る

メールマガジンの購読

学びプラネットからの最新情報をお届けします